Hatena::Groupkonya-some

藍甕

藍甕

藍をたてる甕のこと。藍瓶(あいがめ)、藍壺(あいつぼ)ともうい。

普通は陶器、ステンレスやセメントであるが木製のものもある。

空気接触液面を少なくするため、口が小さいほうがよい。

床面に埋め込んで設置する場合が多い。

甕を温める装置が付いていることもある。