Hatena::Groupkonya-some

藍染

藍染

藍染

藍染

藍は植物の名前であり、その植物の中に含まれる染色成分を用いた染のことを藍染と言う。

昔は植物の藍を直接、あるいは醗酵させたもの(すくも)を用いて染めていたが、藍に含まれる染色成分を人工的に合成できるようになってからその成分が使われることが多くなった。


合成藍(インディゴピュア)は基本的に植物藍とかわりなく、染色液にするための工程も同じようなものであるが、純度に差があるため若干のちがいが現れるといわれる。

植物藍を用いて抽出した成分には植物のその他の色の成分が混じってしまうため、多少黄色や緑色のほうにブレるともいわれるが、主な成分は変わらないため、今ではあまり使われることがなくなった。



多くの場合、浸染によって行われるが、引染による藍染を行っているところもある。

f:id:WarlockEX:20091222133600j:image

f:id:WarlockEX:20100327212355j:image

f:id:WarlockEX:20091210112800j:image


* はてなダイアリーキーワード:藍染