Hatena::Groupkonya-some

注染

注染

定義

注染台と呼ばれる台の上に生地をおき、上からかけた染料を下から吸うことで染め付ける。

注染

浸染に近い染め方と言えるが、浸染と比べると比較的かかる時間も短く多色モノや大量生産に向いていて、ぼかしなどの技法が可能なため、手ぬぐいや浴衣などによく使われる。

多色ものでは基本的に間に白場を必要とし、ぶつけになる場合には必然的にあいだはぼかしとなってしまう。

白場は通常、防染糊が使われる。