Hatena::Groupkonya-some

染色技法

染色技法

解説

染色技法は様々にあり、染色方法から使用する道具、染料の種類など様々な分類法が混在している。

種類

浸染 ・・・ 染料に浸けて染めるもの

引染 ・・・ 刷毛によって染めるもの

注染 ・・・ 染料を注いでそめるもの

上記は無地で染める場合を除いて予め柄をつけてから染める技法


捺染 ・・・ 柄のついた方を用いて直接染料をすり込むもの(直接染料で柄をすり込む)


さらに、それぞれの染め方で化学染料(硫化染料など)や顔料、藍(すくも藍や合成藍)などのうちどれを用いるかによって、硫化染めや藍染、エクスラン染めなどといった呼び方がなされる。


また、捺染でもシルクスクリーンを使った捺染やローラーによるプリントなど道具の違いで呼称が変わったり、人の手で一枚づつ染められるものと機械によりオートメーション化して染め上げるものとで区別して手捺染機械捺染などといった呼び方がされることもある。